2015年01月24日

物足りないラインコントロールとスピード


連覇を目指したアジアカップはPK戦でUAEに敗れてまさかのベスト8敗退。

残念な結果で落胆するところではありますが
UAEとの試合を見ていきたいと思います。

dss20150124001myboard.jpg

勝つはずだと思っていた日本が勝てなかった、その最も大きな原因は
たくさんのチャンスを作りながらもゴールが遠かった事である。

ただし、グループリーグのイラクとの試合が1−0と
日本は1点しか取れなかったけれども勝利する事ができたように
失点をしなければ1点しか取れなくても勝てるわけで、
まずは前半早々にUAEに先制点を与えてしまった事が
日本のまさかの敗退の入り口となる。

グループリーグでは日本は3試合を消化して失点0だったが、
無失点を貫けたのは日本がほとんどの時間帯において
ボールを保持して相手陣内でプレーできた事によって
相手に攻撃する機会を多く与えなかった事がある。

ボールを保持したら相手陣内にボールを運んでは仕掛けてゴールを脅かし
その攻撃によってこぼれたボールを素早く回収してまた次の攻撃を仕掛ける、
この一連のループ状況を後ろからの押し上げと
素早い攻守の切り替えによって作り上げた事によって日本は失点0を実現した。

しかしながら、グループリーグというステージでは
相手のプレーレベルの低さがあったのも事実だったと思う。

前線から高い位置で連動させたプレッシングと
自陣でのブロックを併用する日本の守備網に対して、
グループリーグの相手は突破してくる事も少なかったしボールの保持もままならなかったが、
UAEともなると日本の作るブロックもプレッシングも回避するだけの技術を有していた。

失点した場面では
右サイドでオマルを中心にボールを動かすUAEに対して
日本はマーカーの長友に遠藤に乾が数的同数でプレッシャーをかけるのだけど
細かなパスワークを駆使するUAEからボールを奪えず、
そこにUAEのボランチの5番がヘルプに来た事で日本のマークがずれると
右サイドにポジションを移動した5番にフリーで前を向かせてしまい
日本のディフェンスラインの背後にパスを通されている。

dss20150124002myboard.jpg

パスワークによってマークがずらされて
相手のボールホルダーに対してプレッシャーがかかっていない状態
つまりはクローズできていない状態が作られてしまったというのがまずは問題となるが、
それは相手のレベルが上がれば上がるほど避けられないところはある。

だとしたら、相手のボールホルダーにノープレッシャーで前を向かせてしまったのであれば
日本のディフェンスラインは速やかにラインを下げるという判断が求められるが、
この日の日本ディフェンスはラインを下げる判断が追いついていなかった。

ディフェンスラインを上げて積極的に前に出て潰すという事は日本の守備の仕方ではあるのだけど
前で相手のボールホルダーにプレッシャーがかかっているのが前提条件である事からしたら
失点した場面は状況に対してラインが高すぎたように思う。

UAEのパスワークによって日本はクローズした状況を作れず
ディフェンスラインの速やかな上げ下げに問題を抱えたところに
UAEが素晴らしいシュートを決めてきた事が日本が先制されてしまった原因だろう。


先制されてしまったのであれば取り返すしかないが、
どちらかに得点が入れば当然ながら状況は変わってくる。

UAEは先制前、右サイドのオマルには過度の守備負担を強いないで
4−3に近い形で日本の中央突破を警戒して中央を閉じる守備をしているのだけど、
先制後はオマルの負担をさらに軽減してトップ下に近い位置に上げて
2トップの内の片方がサイドに下りる形で4−4の守備になる。

4−3に近い形で守備をしている時というのは3の横にスペースができやすいので
日本はサイドにボールを振ってサイドに基点を作ってそこから仕掛けられたが、
UAEの布陣が4−4の守備になったために日本はサイドにおける時間とスペースも削られる。

しかしながら、やはり中央は最優先でケアしているので
時間とスペースを小さくされても日本の攻撃はサイドからがメインになるが、
そうした攻撃によってUAEの守備は更に中央にゴール前に凝縮されてくる。

というように、どんどん状況は悪化していくわけで
日本は与えてはいけない先制点を与えてしまったのだ。

それでも日本はチャンス自体は作れていたと言えるが
どれもゴールに押し込む事ができなかったわけで、
改めて日本の決定力の低さがクローズアップされる。

日本が決定力を上げるための鍵はまずは今よりもスピードを上げる事だと感じる。

ここのところはボールを運ぶところでもゆったりとしすぎているように思うし
シュートを打つ場面でも切り替えてワンテンポ遅れる場面も多く
相手の対応が間に合ってしまっている部分もあるように思う。

仕掛けるところでも意思の共有と精度にスピードが乗っていれば
柴崎がこじ開けたようなゴールも生まれるように思うところで、
スピードを上げれば精度の問題は付き纏うが
更にスピードを上げて攻撃のテンポを上げる事が必要だろう。


PK戦に関しては仕方ないと思います。

もっとメンタルが強ければ勝てたのではとも思いますが
メンタルモンスターの本田でさえ外すのがPKなので。

PKの勝敗を問い詰めるよりも
90分+30分の間に決着をつけられなかった事を突き詰めるべきで、
やってはいけなかった先制点と決定力不足というポイントから
下手な試合をした報いを受けたと思って諦めるしかない。

ただ、コンフェデ杯に出場できないのは残念です。


サッカーショップKAMO

banner_22.gif

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
posted by ピーター・ジョソソン at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アギーレジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

大人へと脱皮する日本


グループリーグ2連勝で迎えた3戦目のヨルダン戦です。

dss20150121001myboard.jpg

アジアカップでここまで対戦してきたパレスチナやイラクが
4−4−2をベースにした守備ブロックを作ってきていたのに対して
ヨルダンは最前線の選手を3人中盤を3人とした4−3−3。

4−3−3の布陣は布陣そのままの状態で守ろうとすると
最前列と2列目が3人で横幅をカバーしなくてはならないので
最も危険な中央を重点的にケアしようとすると選手間の距離を縮めての対応となるため
サイドにはスペースができやすくなる。

dss20150121002myboard.jpg

本来であればアウトサイドも対応できるように
全体がボールサイドに素早くスライドするということが求められる布陣であると思うが、
ヨルダンは日本の中央突破を恐れているのか
はたまた日本のサイドチェンジの精度の低さからなのか
初戦を見てクロスの精度が低いのでサイドは与えておけという事なのか、
中央を固めるとサイドに素早くスライドしていなかったので
日本は空いているサイドに基点を作って試合を展開させた。

日本の場合は攻撃の主戦場が左サイドになっている事、
またヨルダンは右SBのザフランが中に絞る事が多かったという事で
日本の攻撃は当然ながら左サイド基点のものが増える。

大きなサイドチェンジで一気に左サイドに展開して基点を作れば
相手はサイドへの対応を余儀なくされて中央から1枚は引っ張り出されるので、
枚数の減った中央へとカットインやサイドからのクロスボール、
そういった形で日本は攻撃していく。

dss20150121003myboard.jpg

初戦に雷を落とされたことで日本のクロス精度は上がっているし
アギーレになってからクロスに合わせるようゴール前に入っていく人数も多くなっているので
以前から比較すると日本のクロス攻撃も脅威は増している。


ヨルダンからするとそうした展開にさせないように
試合開始序盤は前からプレッシングをかけて
日本にボールを運ばせないようにしたのだろう。

ところが最前線を3人にしてプレッシャーをかけにボールに寄せたものの
日本が反対のサイドへと展開して酒井高徳がフリーでボールを運ぶようになると
ヨルダンの守備に変化が生じてくる。

dss20150121004myboard.jpg

それもそのはずで、遠藤の攻め上がりが一歩早くて
酒井高徳から縦パスを受けた岡崎が遠藤に落とすという選択ができていれば、
左サイドで乾がフリーで待っており1点ものだった。

そのため、最前線で左サイドを担っていた14番のアブダラー・ディーブが
酒井高徳に自由に運ばせまいとしてマークする形になり
前からのチェイスを自重するようになる。

ヨルダンが対応を変える事で酒井高徳はマークされることになるけれど、
ワイドに開いておけばマークしているアブダラーは釘づけで機能不全となるので、
ヨルダンの左サイドは扉が開いた状態になる。

なので、日本は日本から見た右サイドからボールを進めて
ヨルダンの4−3の守備に対して前を向いた状態でボールを動かすと、
細かなパス回しによって中央寄りの右サイドの攻略を図る。

そのようにボールを動かす事によってヨルダンの選手を集めると、
大きなサイドチェンジで逆サイドの乾へと展開して
やはり長友が追い越す形で最終的にはクロスボールを入れて
クロスに多くの選手が飛び込むと
そのこぼれ球に対しても押し上げて拾ってまた攻撃を仕掛ける。

dss20150121005myboard.jpg

そうした繰り返しの流れから乾の幻のゴールも本田の先制点も生まれたように
相手の布陣の穴となっているところからボールを運んでは仕掛け、
その攻撃の後もこぼれ球を回収してボールをヨルダン陣内に閉じ込めて
ポゼッション状態を作り上げていた事が日本のひとつの勝因になった。


日本が試合をコントロールした前半だったが
後半は序盤のところでヨルダンのボールを保持する時間が増えてくる。

そうなってしまった原因は
ヨルダンが後半開始から2人の選手を変えて前半とは変化してきた事にある。

ヨルダンはメンバーチェンジに伴って守備にテコ入れをしてきており、
前半トップ下の位置でプレーしていた8番のオダイが
後半守備の機会には左サイドに入ってプレーをして
ヨルダンの守備は4−4−2の形になっていた。

dss20150121006myboard.jpg

2列目が4枚になり布陣上ヨルダンに明確な穴が無くなったので
前半からすると日本のボールを運ぶハードルは上がる。

また、1点のビハインドがあるヨルダンは
ボールを奪わない事にはどうしようもないので前からチェイスを強め、
日本からパスミスを誘発するとショートカウンターという場面を作る。

ヨルダンのプレッシャーが厳しくなると
日本はリスクを冒さずにロングボールを蹴っていくので
ヨルダンがボールを保持する機会も増えてくる。

ボールを保持したヨルダンは前半はロングボールを蹴って
ハイボールの競り合いやセカンドボールの拾い合いを制するところから攻撃を始めようとしたが
日本の落ち着いた対応であまりそういった場面というのは多くなかった。

そこで後半はアブダラーに代わってハイエルを最前線に投入すると
縦パスを入れてクサビを打ちながら足元でボールを運び始めるという事をしたため
日本は徐々にボールを前に運ばれる事になった。

布陣の変更と前からのチェイスの強化とボールの運び方の変化、
そういったヨルダンの変化によって後半の序盤は前半とは異なる展開となったと言える。


日本としてはボールを相手に渡したのであれば
ボールホルダーに自由を与えないようにプレッシャーを利かせて
クサビの縦パスの入ってくるところで潰すという事が求められたが
十分な対応でなかったところがある。

潰せなかったり、
潰したもののファウルになってしまった最終ラインの選手の対応もさることながら、
個人的には乾から清武に代わった事で問題があったと感じる。

前半から後半の序盤のかけての日本は回数は少なかったものの
ボールを日本陣内に運ばれてしまう時には引いての対応をする事になるが、
その時に課題となっているのがアンカー周りにスペースができてしまう事。

相手のボールホルダーに対してプレッシャーをかけるのであれば
最前線の岡崎だけでは無理なので2列目から前に出ていく事が求められるが、
そうする事によってインサイドの逆三角形のバランスが崩れて
アンカー周りにはスペースができやすくなってしまう。

かといって、バランスを重視してステイすれば
ブラジルのような足元の技術の優れたチーム相手には
その周りに選手を集められてすぐ破られる事は経験済みである。

なので、2列目から前に出てプレッシャーをかけ、なおかつスペースを消すためには、
アンカーをひとりにしないようにアンカーという概念を外してボランチに吸収するか、
ウイングが下がるかサイドバックが上がって埋めるしかないが、
この日の日本は乾がインサイドに寄せてスペースを埋めるという作業をして
アンカー周りのスペースを与えなかった。

dss20150121007myboard.jpg

乾がインサイドに寄る事で相手のサイドバックは空く事になるが、
相手のサイドバックにボールが渡ったら乾は全速力でサイドバックへと寄せて
インサイドとアウトサイドを往復する対応をした。

本田のように相手のサイドバックの背後を取るために
ウイングが下がり過ぎないという事も必要なのだけど、
アンカーがアンカーのままプレーするのであれば
その周りにスペースができてしまうのは避けらない。

そういうところで乾は攻守にハードワークして
攻撃面だけでなく守備の面でも貢献度が高かったと言えるが、
後半早々にイエローカードを受けてしまったために
2枚目のリスクも考慮して清武へとスイッチした。

清武には乾のような守備の意識は少なく
スペースを埋める、相手にプレッシャーをかけるという対応が十分でなかったし、
攻撃でもウイングながら相手の背後で受けようとする動きは相変わらず無く
ポジショニングが曖昧で中途半端という印象を受けた。

清武は2試合目のイラク戦では評価を上げていたが
昨日の試合でまた評価を下げたかなと感じるところで更なる奮起を求めたい。


ヨルダンの変化によって後半は情勢が変わってきたところはあったが、
前からのチェイスを強化していくのであれば当然ながら後ろは手薄となるという事で
日本はヨルダンディフェンスの背後に走る岡崎へとロングボールを蹴る。

また、守備をしたところから素早く攻撃へと切り替えて
ポジティブトランジションを利かせる事ができており、
ヨルダンの攻撃する時間が増えたら増えたように日本は正しい対応ができていた。

それでもなかなか追加点を奪えなかったので試合を難しくはしたが、
最後は待望の香川が決めて試合を決定づけた事で引っ掛かっていたトゲも取れて
全体的には勢いのつく勝利になったかなとは思う。

色々と求められる課題はあるものの、勝ち進んで試合を消化するからこそ
次への新たな課題も見つかって短期間の内に解決もできて成長を促すところはあるので、
選手には中2日と厳しい日程の中勝ち抜くために今は体を休めてもらいたいと思う。


サッカーショップKAMO

banner_22.gif

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
posted by ピーター・ジョソソン at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アギーレジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

三歩進んで二歩下がる


スコアは最小の1ー0ではあったものの
初戦のパレスチナ戦からするとイラク戦は中身の伴った勝利だったように思う。

dss20150117001myboard.jpg

試合開始序盤に日本が前からプレッシャーをかけて
イラクからボールを繋ぐ時間とスペースを奪ったので、
やはり予想通りではあるが前半から日本がボールを持つ展開となった。

ボールを持つ日本に対してイラクは基本的には
ハーフウェイライン付近を先頭に4ー4ー2の守備ブロックを作るため
日本はパレスチナ戦と同様にブロックを崩す作業をしていく事になる。

日本がボールを持った時にストロングポイントとなっているのが
ザッケローニの時代から変わらず左サイドで、
ザックジャパンでは香川、長友、遠藤というユニットだったのが
アギーレジャパンでは乾、香川、長友というユニットに変わってきている。

先日のパレスチナとの試合では
その乾、香川、長友の上下動の連係でボールを運んで攻撃を仕掛ける事が多かったが、
イラクとの試合では左サイドの連係に若干の変化があった。

パレスチナにしてもイラクにしても基本を4−4−2の形にすると
同じくスペースを埋める対応をしたのではあるが
マークの付き方が違ったために日本の連係にも変化があったというところ。

パレスチナの場合は長友が低い位置であろうと高い位置であろうと
サイドハーフの選手が目を離さないようにマンマークで付いていたため
まともに乾がポジションを下げると相手のサイドバックが付いてきてしまう。

なので、香川がポジショニングを上げて相手のサイドバックを釘付けにする事で
乾をフリーにするという上下の連動が必要になった。

dss20150117002myboard.jpg

しかし、イラクの場合は長友が低い位置の時にはサイドハーフがマークに付き
高い位置を取った時にはサイドバックがマークに付くといった形で
相手のサイドハーフとサイドバックがマークの受け渡しをしていたので、
長友が高い位置を取ればマークが相手のサイドバックへと移るため
乾はサイドから離れる事でマークを外れてフリーになれた。

dss20150117005myboard.jpg

そのため、イラク戦ではインサイドハーフの香川もしくは遠藤が
ブロックの外に下りてボールを受けてイラクのボランチを前に引っ張り出して
そのボランチが空けたスペースにフリーの乾が下がってボールを受けるなどして
ライン間にクサビを打って日本がイラクを押し込んでいく。


日本がそのように攻撃していくと
イラクは前後左右をコンパクトにする意識を高めてライン間を縮めるようになるので、
日本は本田が意識的にサイドにワイドに張り出して幅を取る。

このワイドに張る選手に対してのロングパスの精度はあまり良くなく、
セカンドボールを拾えていたので問題になるようなことはなかったが
パスを供給する長谷部や森重や吉田は改善が必要だろう。

コンパクトネスを意識し始めたイラクに対して
日本はサイドチェンジを用いるなどして横幅を取ってサイドを基点とすると
サイドバックが追い越したり、
それを利用する形でカットインとサイド攻撃を活性化させるので、
イラクはサイドへの対応をさせられてブロックが横に間延びする。

dss20150117006myboard.jpg

またイラクの2ラインが横だけでなく縦にも狭められているので
日本は狭まったラインの間に入り込むのではなく
逆に狭まった縦幅を利用してブロックの前から直接ブロックの背後へとボールを送るため
イラクは縦の対応も迫られる。

dss20150117007myboard.jpg

つまりは、イラクのブロックがコンパクトになったらなったで
コンパクトネスであるが故に空くサイドと裏のスペースを日本は突けており、
ボールを保持した日本はイラクの守備をコントロールしていたと言える。


日本がボールを保持する展開であったので当然に警戒すべきはカウンターとなるが、
イラクがユニス・マハムードにボールを預けようとするところに対して
吉田や森重がしっかりと潰して反撃の基点を作らせなかった。

またイラクのボールホルダーに対して日本の選手のプレッシングが利いていたため
イラクはボールを保持するのが困難でなおかつ前線にも預けられないので、
結局日本の高い最終ラインの背後にボールを出してくるのだけど
蹴らせる形が作れていたのでここも日本ディフェンスが難なく対応できていた。

守備のところでも後半の途中まではしっかりとコントロールできており、
日本が危険を感じる場面というのはセットプレー程度だったように思う。

ところが、後半の途中から
あまり積極的にチェイシングせずに日本のボール保持に自由を与えたユニスに代わって
活きの良い8番のジャスティンが前からチェイシングを始めて
日本のボール保持に制限をかけ始めるとイラクにボールを保持される時間が増える。

イラクは反撃する機会を増やそうと後半から
ボールを奪ったらワンタッチで素早く動かす事をしており、
ジャスティンの投入によって日本のボール回しに制限をかけてボールを奪う事に成功すると
素早いボール回しで日本のプレッシャーから逃れるようになった。

そこで日本は遠藤と乾を今野と清武に代えて、
一応布陣はそのままだったようではあるが
実質的には長谷部と今野の2ボランチで
4−2−3−1に近い状態にして守備の安定を図る。

守備に定評のある今野が中盤に加わる事で香川はトップ下のポジションに近い形となると、
岡崎のクサビから攻守を切り替えて香川が運び
清武の上がりを促してゴール前フリーの本田へとボールを通す場面を作った。

本田が決められなかったものの非常に良いトランジションを作った場面だったと言えるが、
できるならばもっと早い時間帯から欲しかった攻撃の形ではある。

日本がボールを保持する時間が長かったので
守から攻へと切り替える機会というのは少なかったのは確かであるが、
切り替える機会がある以上は相手の守備が整わない内に攻めきる事を
もっと強く意識すべきだっただろうと思う。


80分くらいになると、前半から日本がボールを動かしていたためか
動かされていたイラクの脚が止まってしまったので
日本は無理に攻めないでボールを保持して時計の針を進めた。

なので、いつ追いつかれてもおかしくないスコアではあったが
その危険性は高いものではなかったように思うところで
スコア以上に危なげない勝利ではなかったかと思う。

パレスチナ戦で拙かったクロスボールに関してはナーバスというか慎重になっていた印象で、
ただ闇雲に中へ送るのではなく
銘々がゴール前の的へと狙いを澄まして落ち着いてクロスを送れていて成功率は高かった。

しかし、クロスの精度と引き換えにというわけではないが
1ゴールしか挙げられなかったようにシュートの決定率は低く、
課題を1つクリアしてまた増やしてしまった印象ではある。

シュートだけでなく、相手に引っ掛かる事が多かったサイドチェンジや、
ポジティブトランジションで素早く攻めきる意識や、
更にはボールを保持した時にパスのスピードを上げる事など
日本代表が解決すべき課題は山積している。

それでも本質的な強さを手に入れるためには
虱潰しに解決していくより他はない。


サッカーショップKAMO

banner_22.gif

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
posted by ピーター・ジョソソン at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アギーレジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする