2012年08月08日

日本準決敗退 的確に日本の弱点を突いてきたメキシコ

ロンドンオリンピック 男子サッカー準決勝

U−23日本がロンドンでU−23メキシコと対戦。

試合は、日本が1−3でメキシコに敗れ、
決勝進出を逃がし3位決定戦へと回る事となった。

ここまで快進撃で歩みを止めなかった日本であったが
準決勝でメキシコ相手に勢いを止められることとなった。

ここまで勝ち上がってきただけに
負けたことによるショックが大きいのではあるが
冷静に分析してみたいと思う。

日本 メキシコ フォーメーション

前半の日本というのは
ここまで勝ち上がってきた最も大きな要因でもある
3ラインの守備ブロックを作って
出足よく前からプレス作業をするスタイルを用いた。

まあ、これまでの連戦による疲労もあって
前線の永井と東の相手を追いかけまわすところであったり
個々の出足の部分では見劣りするところはあったが、
そのスタイルというのはメキシコ相手にも継続できていたと思う。

それによりボールを持てた日本は
見事なパスワークを駆使して先制点を奪うことに成功した。

パスを回しながら選手が流動的に動く事で
メキシコのボランチのマークを剥がすことができたのと、
メキシコの最終ラインを下げさせた結果
メキシコの最終ラインの前のバイタルエリアのところが空き
そこを大津が使った形。


先制した日本に対してメキシコは
細かいパスで日本の守備を崩そうとするが
日本の守備を崩すところまでいかないということで、
前半30分近くになってきて狙いを変えてきていた。

それが日本の最終ラインの裏のスペースへパスを出すことである。

今大会の日本が敷いたようなラインを作ってのブロックは
ラインをコンパクトに保つことで
ライン間に入ってくるようなボールに対しては対応ができるのであるが、
幾つか弱点があって、そのひとつが
コンパクトであるが故に最終ラインの裏にスペースができることである。

日本の最終ラインの裏のスペース

ここにボールを出されて飛び出されると一気にピンチになるため
最終ラインの選手には
このスペースをカバーできるようなスピードも求められることになる。

日本にとっては突かれると嫌なこのスペースを
メキシコが突き始めてきたのが前半30分辺りで、
失点することとなったコーナーキックの前のプレー2つは
まさしくこの形である。

1つ目は徳永の裏へと
メキシコの右サイドハーフのアキーノが抜け出そうとしたシーンで、
ここは徳永が体を寄せて相手を自由にさせず、
GKの権田が飛び出してセーブすることで難を逃れている。

日本のピンチ1

2つ目が
吉田の裏へとトップのペラルタが飛び出そうとしたシーンで、
ここでは吉田はオフサイドをアピールしているが
オフサイドを取る事ができずコーナーキックになってしまう。

日本のピンチ2

危険なスペースに飛び出してくるので
日本としてはオフサイドが取れれば取りたいところであるが、
ラインを作って守っているだけに
相手にとっても飛び出すラインというのは分かりやすく
どうしてもオフサイドを取りきれない部分もあるかと。

で、結局はオフサイドを取れなかったことにより
コーナーキックとなって失点を招くことになったわけで、
メキシコは日本の守備戦術の弱点の一つである
最終ラインの裏のスペースを突くことにより
状況を打開した形となった。


ただ、これ以外のところでは
日本の守備が大きくやれるというところはなく
疲労がありながらも集中していたように思う。

しかし、後半の2失点目となった場面では
扇原が危険なところで狙われボールロストしてしまった。

まあ、この場面については説明不要かと。

誰よりも扇原が自分のやってしまったプレーを悔いているだろうし、
そこを責めても仕方がない。

絶対やってはいけないプレーだし、
今後繰り返さないことを肝に銘じるしかないかと思う。


と、ここまで見ても、
準決勝での日本は結果程メキシコにやられたわけではなく、
セットプレーとミスからの失点だけである。

ゴールという部分では
日本の方がしっかり崩していたのではないだろうか。

ただ、逆転された後時間があったにもかかわらず
もう1点を取り返す事ができなかったのも事実だし、
相手ゴールを脅かすような攻撃を繰り出せなかったのも事実である。

日本はここまで素晴らしい戦いを見せてきたが
全ての試合で相手を零封することをバックボーンとして
勝つことができていたところもある。

そのバックボーン部分が無くなったときに何ができるかというところで
経験が足りなかった事、またメキシコの試合巧者ぶりもあって
選手交代などで流れを変えたりすることもできなかった。

残念としかいいようがない。


ということで、戦前はグループ敗退濃厚であった日本も
ここまで来てみればもっと先へ行けた感は残った。

この感覚は2002年のW杯ベスト16、
2010年W杯のベスト16の時に感じたものと同じであり、
五輪ながらもその感覚をベスト4に来ても感じることができたのは
日本サッカーが前へと進む上で必要な手応えに他ならない。

世界の頂点へと近づく手応えを身につけたのは
日本サッカーにとって、
選手にとっても監督にとってもサポーターにとっても財産であり
貴重な体験をさせてもらえたように思う。

ここまで奮闘した選手や監督、スタッフには感謝したい。

ただ、この財産はここから増えることもあり減ることもあるのは
これまでも経験したきたところ。

更に前進するためにも
3位決定戦に勝ってメダルを手にしてほしいなと思う。








banner_22.gif

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
posted by ピーター・ジョソソン at 13:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | U(アンダー)世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 職務履歴書 at 2012年08月26日 10:11
職務履歴書さん
コメントありがとうございます

また来てくださいね
Posted by 管理人 at 2012年08月26日 15:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

内閣不信任案:一体改革を党利党略で弄ぶな  日本、メキシコに1−3o(;△;)o
Excerpt: あー、残念でしたね。 でも、こうなると 思っていましたけど。 大津が素晴らしい シュートで先制点を とったので、もしか してと思いましたが。 その後は、日本の 良さはあまり見ら..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2012-08-08 13:25